社名の由来について

弊社の社名は「せるぽ」といいます。
「セルフサポート」から命名しました。

よく福祉の世界では「セルフヘルプ」という言葉がありますが、私はこの「ヘルプ」という言葉がどうしても好きになれません。

何故かというと、「ヘルプ」は「助ける」「援助」という意味で、どちらかと言うと上から目線で「してあげてる」とか「してもらってる」という意味合いが強く、何となく主従関係のようで好きになれません。

「サポート」は「支える」「支援」という意味で、「下から支える」、あるいは「寄り添って支える」といった感じで、こちらの方が親しみが持てます。

そういったことから、弊社では「セルフサポート」という言葉を使っています。

名前の命名には、それぞれありますが、先日テレビを見ていて「正露丸」の由来が日露戦争に関係していて旧名称は「忠勇征露丸」だったそうです。
詳細は大幸薬品のホームページに記載されています。

カメラで有名なCanonも、元は観音様が由来だそうです。

関東ではワイシャツ、関西ではカッターシャツといいますが、このカッターシャツの名前も、大正7年に洋服メーカーの美津濃(現:ミズノ)の創業者・水野利八さんが、ちょうど第一次世界大戦で「勝った」ことにかけて、「勝ったシャツ」とネーミングしたそうですね。
美津濃という社名も、創業者「水野」さんと出身地の「美濃」を合わせて作られたそうです。

名前の由来、調べると面白いかもしれません。


このページのTOPへ

カテゴリー: 社長のつぶやき  

タグクラウド:

アビリンピック 休業日 駅伝

トップページ