想定される最高津波高は34.4m(黒潮町)

今日、タクシーに乗って帰路につくと、運転手さんが開口一番、さきほど大変なニュースが流れていたといい、興奮して話してくれました。
報道によると、「西日本の太平洋沖の南海トラフで発生する巨大地震はマグニチュード9.1、津波の最大高は34.4m(高知県黒潮町)と予想される」との事。
前回(2003年)発表時は、14.1mなので実に20m以上高くなっている。

高知市は14.7m(前回9.7m)。

詳しい情報は、内閣府ホームページで閲覧できます。
http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/nankai_trough/15/index.html

念のため高知県内の沿岸市町村の津波高をメモしておきます。
高知市   14.7m
室戸市   24.9m
安芸市   14.9m
南国市   16.2m
土佐市   21.9m
須崎市   23.9m
宿毛市   21.0m
土佐清水市 31.8m
四万十市  26.7m
香南市   15.1m
東洋町   18.4m
奈半利町  12.6m
田野町   11.5m
安田町   11.6m
芸西村   15.4m
中土佐町  22.2m
四万十町  25.4m
大月町   25.8m
黒潮町   34.4m


このページのTOPへ

カテゴリー: 社長のつぶやき  

タグクラウド:

アビリンピック 休業日 駅伝

トップページ