さをり織り

さをり織りってご存知でしょうか?

さをり織りとは最も簡単な「はた織り」のひとつで、名前の意味は、それぞれが持つ個性・感性を織り込む、つまり「差異を織る」ところから来ています。
創始者は大阪に在住の、今もご健在な城みさを(98歳)さんです。

「さをり織り」の理念は、「教えないで引き出す」「思いのままに織る」で、色彩や素材・織り方も自由という制約のないところが、既成概念にとらわれない障がいを持つ人たちにも向いており、感性豊かな作品が次々と生まれています。

さをり織りの起源について、「さをりの森」から引用して説明します。
———-
城みさをが57歳の時。あるきっかけで手織りを始めて間もない頃。自分の織った布にタテ糸が1本抜けていた。織物の常識に照らせば傷物。しかし、何か趣きがある、自分としては気に入っている。これを傷とみるか模様とみるか、見方次第で物の評価は180度変わる。よし、一度常識から離れて自分の好きなようにやってみよう、どんどんキズを作ってやろう…

当時、織物といえば規則正しく均一なものが一般的でした。タテ糸が一本抜けていれば、「これはキズモノでっせ。二束三文や。」と言われた時代。しかし、城みさをは自分の感性を信じ、常識から離れて織ったショールを大阪の老舗呉服店に持ち込みました。すると、そこの主人から思わぬ言葉。

「これは面白い。全部引き取らせてもらいまひょ。」
自分の感性を信じて織ったショールが高値で売れ、城みさをは考えました。「織り手の個性の美しさが布に現れていたから、評価されたに違いない。」

キズはキズではなく、織り手の個性。
すべてはその発想の転換から始まりました。
単なる手織りがアートに昇華した瞬間でした。
———-

「みさをの織り」から「さをり」と命名。織手が好きな色を使い、決まった規則を持たず、心のおもむくままに織りあげていく。「布ではなく、自分を織る」。

この常識にとらわれないさをり織りは、芸術家やファッションデザイナーに高く評価され、愛好者は世界40ヶ国以上に広がっています。すごいですね。
私の娘は養護学校在学時にさをり織りと出会い、以来さをりを織り続けています。

家には折りたたみ式のさをり織り機があります。
SX60という名前がついています。

休みの日も気が向けばさをりを織っています。
色とりどりの綺麗な糸の中から好きな糸を自分で選び、カッタン、カッタンと。

最近妻が、さをりを素材にした新しい製品を開発したようです。
そのうちご紹介したいと思います。


このページのTOPへ

カテゴリー: 社長のつぶやき  

タグクラウド:

アビリンピック 休業日 駅伝

トップページ