ご当地ヒーロー

昨日は節分、我が家も昨夜は豆まきをしました。

鬼というのは閻魔大王の部下で地獄に堕ちた極悪人を責めるものであり、生前の悪業・罪障を消滅してくれる存在ですから、善人にとっては、正義の味方、スーパーヒーローなわけです。

それで思い出したのが、2007年の全国障害者スポーツ大会で秋田わか杉大会に参加したときに、開会式の時に超神ネイガーなるご当地ヒーローが登場しました。
ネイガーと共に秋田県民の平和を守る超人たちについて、秋田県庁の職員が熱く語ってくれました。

超神ネイガーのネイガーって、秋田で有名な「なまはげ」の「悪い子はいねぃがー」から命名されているそうです。
テレビでも短編ドラマが放映されていて、秋田ではかなり有名。
空港の土産店ではグッズも販売されていました。
運営していた会社は、たしか「株式会社 正義の味方」。

久しぶりに思い出して、ググッてみたら超人ネイガーのホームページを見つけました。これです。
超神ネイガーのホームページ
以前見た時より格段にカッコ良くなっています。
衣装が数段ランクアップして、仮面ライダーなみの衣装です。
悪役の衣装も格段にランクアップ。
今や全国区のヒーローですね。
真ん中の模様はナモミハギの顔なんだそうです。

そういえば高知にも超レアなご当地ヒーローがいましたね。
私が知っているのは、南国市の職員(平均年齢50歳?)で構成されている「ゴメンジャー」と、大橋通り商店街の若者たちで構成されている「GAIレンジャー」。
どちらも街おこしが目的に結成された正義の味方。

他にもないかネットで調べると、以下のヒーローがヒットしました。
・GAIレンジャー:高知市の大橋通り商店街振興組合によるローカル戦隊。商店街の活性化が目的。
・後免戦隊ゴメンジャー:南国市後免町商店街によるローカル戦隊。
・おぶかマン:宿毛市のヒーロー2人組。
・なべラーマン:須崎市のヒーロー。キャラクターデザイン:やなせたかし。

宿毛市や須崎市にもヒーローがいたなんて。皆さん知ってましたか?


このページのTOPへ

カテゴリー: 社長のつぶやき  

タグクラウド:

アビリンピック 休業日 駅伝

トップページ